バイアグラの個人輸入について

バイアグラの個人輸入について

今回は、バイアグラの個人輸入についてお話していきたいと思います。

バイアグラ薬は、個人輸入ができるそうです。

バイアグラを個人輸入するときは、自宅ではなく、会社などにすると、関税に
止められてしまう事があるそうです。
受け取りについては個人の場合は注意が必要みたいです。

そして、個人の取り扱いの注意も参照しましょうか。
実際は、個人輸入する場合は、個人で購入するのが、原則みたいです。

その商品自体は、副作用もあるということなので、医師の診断、または説明書
消費期限を記載し、提供する必要がありますが、合法みたいに書いてますが
ご本人を尊重致します。

そして、日本の製薬会社や、処方箋として、医師の診断でバイアグラを購入するのと
個人代理店などで、購入する方が安いそうです。

ですが、海外の薬品、例えば、先進国の海外の薬品なら、多少は問題ないでしょうが
注意しましょう。
そして、先進国以外の国が販売元のバイアグラは、十分、注意が必要ではないかと思います。

個人輸入で売買をする業者も多いとう事なので、薬品の出所は、確実に調べておいた方が
いいでしょう。

でも消費者の問題からしたら、金銭的に、安い方を買ってしまいますよね。
ですが、先程も書きましたが、副作用があるそうなので、また、別の記事で
取り上げたいと思います。

copyright(C)精力剤Q&A