バイアグラの副作用について

バイアグラの副作用について

今回の記事は、前回の記事で書きました、副作用について取り上げたいと思います。

元々、バイアグラが開発されたきっかけは、心臓病の薬を開発途中で、性的に効果
がある成分を見つけた事から、この薬が作られました。

ニトログリセンの薬は、バイアグラと同様の作用をもたらし、血圧、心臓への酸素供給が
狭心症のような、症状を引き起こす作用があるそうです。

そして、ニトログリセンとの併用は、禁忌ということです。

ひどい場合は、死亡ケースもあるみたいです。

ニトログリセンとは(硝酸薬)急激な、血圧低下も引き起こします。
勃起継続で起こる、継続勃起症 服用後、30分から4時間程度、勃起しますので
勃起を伴う、痛みに苛まれるようです。
そして、突発性難聴という症状も現れるみたいです。

また、頭痛や、ほてりや、顔面潮紅や、鼻炎
めまいや、血圧低下や動悸や頻脈や、突発性視覚異常
彩視症や、光視症や、胃部不快などです。

持病持ちの方は、十分な注意が必要とあります。

記事を書くだけで、かなり深刻な問題ですね。

外部と内部で痛みや体調不良が起こる薬であれば、中々、簡単に飲める薬じゃないですね。

基は、心臓の薬としての新薬開発がきっかけだったので
心臓はそれだけの薬じゃないと効かないんでしょうね。

copyright(C)精力剤Q&A